スタッフブログ

2018.06.25

富良野岳の中腹、原始ヶ原へ

ファーム富田の見どころといえば、やはりラベンダーが一番に挙げられるのですが、雲のない天気のいい日に一望できる十勝岳連峰もおすすめのひとつです!
その十勝岳連峰の最南端にあるのが富良野岳。
十勝岳連峰の中では最も花の多い山として人気があるそうです。
その中腹にあり、登山口にもなっている「原始ヶ原」という湿原に先日行ってきました。
 
ファーム富田からは車で45分ほど。
ニングルの森という可愛らしい名前のついた原始ヶ原登山口に車をとめていざ出発です。
すると歩き始めてすぐに林間コースと滝めぐりコースの分岐が。
 
とりあえず楽そうな方から行ってみようと林間コースへ。
道沿いにぽつりぽつりと咲いている花を楽しみつつ登って、登って、たまになだらか、また登り…。
 
日頃の運動不足がたたり早速息切れが…。
まわりをキョロキョロ、ちょうどいい長さの木の枝を発見!
杖のありがたさを実感しました。
 
そのまま調子よく歩き進めていくと、「天使の泉」という湧水スポットに到着。
のどを潤しつつ、しばしの休憩。
 
そしてまた歩き始めること数十分、このコース最難関の場所へ。
どこを渡っていくかで迷いに迷って、ここからなら渡れるんじゃないかと進んだところ…
水に足をつっこむ結果になりました。
 
ちなみに帰りにもう一度ここを渡る際気が付いたのですが正解のルートはこちらだったようです。
皆様も行かれる際はご注意を。
 
そんなハプニングもありつつ、また歩くこと数十分。
とうとう原始ヶ原頂上に到着しました!
 
天気が良ければ富良野岳も見ることができるようですが今回はぼんやり。
しかしそれがまた幻想的な感じで素敵でした!
湿原ならではの植物もあり、苔類もけっこう見られたのが嬉しかったです。
今回は林間コースのみしか行きませんでしたが、滝めぐりコースも次回挑戦してみようと思います。
 
とても素敵な場所でしたので、興味のある方はぜひ行ってみてください。
その際は、ぬかるみなどもありますので、しっかりとした登山靴・汚れてもいい服装・あとは熊鈴も装備することをお勧めします!
 
ラポートの舎 吉本恵
2018.06.25 | リンク用URL