ラベンダーイースト便り

ラベンダーイースト便りとは、ファンクラブ会報誌に掲載している特集です。バックナンバーをこちらでご覧になれます。

2016年冬号 Letter from Lavender Rast ラベンダーイースト便り「ラベンダーイーストの見頃について」

 「ラベンダーの見頃はいつ頃ですか?」という質問を毎年多くの花人の皆様にされるのですが、おおよその見頃は7月上旬から中旬になります。その年の天候や気温にも左右されますが、例年同じくらいの時期に見頃を迎えます。

 ラベンダーイーストには"濃紫早咲"と"おかむらさき"という2種類のラベンダーが植えられていますが、開花時期が違うのでそれぞれの見頃ももちろん違います。そのため時期によって違った風景を見られるのもラベンダーイーストならではです。

7月上旬は"濃紫早咲"が開花を迎え、"おかむらさき"はつぼみが上がってくるため少し白っぽく見えます。"濃紫早咲"の深い紫色と"おかむらさき"の白っぽい紫色のグラデーションを楽しめるのはこの時期だけです。

7月中旬になると"濃紫早咲"が満開になり、深い紫色から鮮やかな明るい紫色に変わり、"おかむらさき"も白っぽいつぼみが紫色を濃くしていきます。鮮やかな紫色と淡い紫色を楽しめる時期です。

7月中旬以降"おかむらさき"が満開を迎える頃には"濃紫早咲"との花色の差はほとんど無くなり、一面紫色の海のようになります。

  「見頃」というとほんの一時のように感じてしまいますが、つぼみの時期から開花まで違ったグラデーションを見せてくれるので、そういう意味では全てが見頃とも言えます。

 7月のどの時期でも広大なラベンダーのグラデーションをご覧いただけるよう、日々管理を行っています。来年もぜひラベンダーイーストへ足をお運びください。