スタッフブログ

2019.10.15

趣味のひとつ

今回はわたしの趣味のひとつをご紹介します。
 
長期休暇やお休み前にしている…
『ネイル』です。
 
よく耳にするのは、「マニキュア」という言葉でしょうか。
わたしはネイルを始めるまで、爪に塗るもの=マニキュアという認識でしたが、
実は「マニキュア」とは爪のケア全般をいいます。
そして、この言葉はラテン語からきていて、mani(手)・cure(ケア)から
生まれた言葉だそうです。
では、実際に塗っているものの名前はというと、「ネイルポリッシュ」といって、
ほかにも「ネイルカラー」とも呼ばれています。
 
ケア全般~塗るまでいろいろなステップがありますが、今回は塗る過程でメインの
ジェルネイルについてお話します。
簡単に説明をすると、ジェルネイルは一般的なネイルポリッシュとは違って、
ジェル状の合成樹脂を塗ってから、専用のUVまたはLEDライトを照射して固めることで
仕上げるネイルのことを言います。
 
① まず、ジェルネイル用のネイルポリッシュを筆で塗ります。 
  メーカーにもよりますが、液自体は100円程度で購入できます。
 
② LEDライトで硬化します。性能にもよりますが、だいたい30秒程度照射します。
  以前はUVライトの方が主流でしたが、LEDと比べるとは照射時間が長くて、
  ランプの交換も必要なので、若干イニシャルコストは高いものの、最近ではLEDの
  需要が高いようです。
  
 
③ 硬化後の状態です。
  一般的なネイルポリッシュよりもツヤツヤしているのが特徴です。
 
④ UVとLEDライトの照射の違い
  左がUVライト、右がLEDライトです。ライトの明るさに違いがあるのがわかります。
 
ジェルネイルはオフが少々手間ですが、今では100均でピーリングオフネイルという
剥がせるネイルポリッシュが販売されていて、気軽にネイルを楽しめるアイテムが増えてきています。
 
たまには気分転換に自分の手元を彩ってみてはいかかでしょうか♪
 
香水の舎 丹治
2019.10.15 | リンク用URL