園芸講座 | 秋から冬の管理方法について

夏が終わったら・・・

一番下の脇目よりも下を切るとダメ

花を刈り取った後でも、暖かい間は冬まで枝は伸び続けます。ラベンダーは伸びてきた新芽の成長を止めることにより、脇芽が伸びて多くの花を咲かせ、下部の形がきれいな半球状になります。新芽の成長を止めないと、枝がそのまま伸びてしまい、背が高くなってしまいます。そうなると、風で倒れてしまったり、生育の勢いも衰えてしまうため、冬になる前に脇芽を残して剪定する必要があります。必ず脇芽を残さないと、翌年、新芽が出なくなってしまうので注意が必要です。

冬の管理について

冬の間、ラベンダーは眠っています。鉢植えの水やりは土の表面が乾いてから、肥料は暖かくなってから施します。お部屋の中など暖かいところに置くと翌年の花つきが悪くなりますので、霜のあたらない軒下などの屋外に置きます。最低気温がマイナスになる場合は、0℃前後の場所に置きます。雪が積もれば雪の中で平気ですが、雪が重過ぎると枝が折れてしまいますので、雪囲いをしたり荒縄で株をしばります。