スタッフブログ

2018.02.27

観劇


休日を利用して演劇を観に行ってきました。
私は映画鑑賞も好きですが、休みを取りやすい今の時期には、ミュージカルや演劇を鑑賞しに出かけます。演劇は、映像では味わえない生の迫力、息遣いが目の前で繰り広げられ、一つとして同じ公演というものがないのが魅力だと思います。
 
札幌を中心に活動している劇団もいくつもあり、普段は小劇場へ足を運ぶことが多いのですが、今回はニトリ文化ホールで行われたTEAM NACSの舞台を観てきました。
 
北海道出身の同世代の彼らを以前から応援していましたが、今や全国区で活躍する彼らの舞台チケットはなかなか入手困難で、今回観に行くことができたのはラッキーでした。
 
TEAM NACS 第16回公演『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』
 
 
お花もたくさん届いていました。
 
 
 
グッズもちょっと買ってしまいました。
 
 
今回の舞台は、終戦後にソ連軍から北海道の孤島を守ろうとした兵士たちの話で、NACSらしく笑いもありながらも大切なもの、北海道を守ろうとした強い生きざまが伝わってくる演技で、終始観入ってしまいました。
終演には感動で涙…の余韻に浸る間もなく、5人のトークが始まり、会場は一気に笑いに包まれました。
 
改めて彼らのチームワークの良さ、演技力に魅力を感じることのできる良い舞台でした。これからも活躍を応援していきたいと思います。
 
 
ドライフラワーの舎 中山里恵
2018.02.27 | リンク用URL