スタッフブログ

2017.07.10

ドライフラワーの製作が始まりました

皆さんこんにちは!フィールドスタッフの櫻井です。
 
ようやく今年度のラベンダーの刈取り作業が始まりました!
育てた農作物の収穫。
うれしいような、しかし見頃のラベンダーを刈り取ってしまうので少しさみしいような、そんな気持ちです。
 
まずは収穫用の畑から主に切り花やドライフラワーなどの観賞用に向いている品種、濃紫早咲の刈取りを行います。
 
こちらは刈取り作業の様子です。フィールドスタッフ総出で行います。
 
気温30度を超える中での作業。
熱中症にならないよう、こまめに水分補給をしながらどんどん刈り取っていきます。
 
そして刈取られたラベンダーは、結束機と呼ばれる機械によって束にまとめられます。
切り花はこの状態で各売店に並びます。
 
こちらはドライフラワーにするための作業、通称串刺しです。
結束機から次々と流れてくるラベンダーの束を棒に刺していきます。
単純な作業に見えますがこれが意外と難しく、慣れるまでは一苦労です。
 
そして串刺しされたラベンダーは台車にかけられ、乾燥庫へと運ばれます。
 
乾燥庫で乾燥させたラベンダーは、その後花の舎に隣接するドライフラワー工房にて加工されます。
工房では日によっては作業風景もご覧いただけます。
またトラディショナルラベンダー畑倖の畑などでは刈取り作業は始まっていないので、まだまだ見頃のラベンダー畑がご覧いただけます。
 
以上、刈り取り作業のご紹介でした!
 
 
フィールド 櫻井龍
2017.07.10 | リンク用URL