スタッフブログ

2017.03.13

今も昔も

長期連休をいただきイタリア旅行に行ってきました。
様々な観光地に行きましたが一番印象的だったのがポンペイです。
ポンペイは今から約2000年前の紀元79年にヴェスヴィオ山の噴火により火山灰の下に人々と町の暮らしを閉じ込めたまま埋もれてしまった町で、1日で消滅した町などと言われています。
ポンペイ遺跡の魅力はその当時どんな暮らしだったのがわかる状態で残っていることです。
 
フォロという公共広場。後ろに見える山がヴェスヴィオ山です。
 
パン屋さん。手前が小麦を挽く石臼、奥はパンを焼く釜です。
 
公衆浴場には脱衣所、サウナ、冷水の浴槽、温水の浴槽、水飲み場とかなりの設備が!
サウナ
 
サウナの下にある冷水の浴槽
 
水飲み場
 
入浴後にはやはり一杯!
公衆浴場を出た先にはおしゃれなカウンターのある居酒屋さんが!
 
2000年前にここまで生活基盤がつくられていたことに驚くと同時に、今も昔も生活の楽しみ方は変わらないのだなと、少しばかり親近感が湧いてしまいました。
 
料飲サービス 松本佳奈
2017.03.13 | リンク用URL