スタッフブログ

2018.05.30

エゾ

「エゾ」という言葉には、「北海道」とはまた一味違った趣を感じます。
特に植物や昆虫の和名の頭に、エゾがつくものがいくつもあります。主に、北海道に分布する生物の場合が多いですが、意外に東北や寒冷地に分布しているものも多くあります。
1ヶ月程前は、私の中のThe北海道の早春という感じのエゾリュウキンカやエゾエンゴサクが咲き誇っていましたが、現在は少しずつ、初夏の気配を感じる春に移ってきました。
そしてもうセミも鳴き始めました。
 
 
実はこのセミ、エゾハルゼミというハルゼミの仲間で春に出てくるセミなんです。北海道に来た当初、そよそよと涼しい風を受けながら聞くセミの声には、違和感を感じたものです。
エゾハルゼミは、九州までの寒冷地に分布、ハルゼミはマツ林に生息しているそうですが、そのような限定される場所が、私たちの日常生活の場所であることって多くないですよね。
本州ではなかなか聞けない、春の蝉という季節の音をふつうに聞けるのも、ならではです。
ぜひ、今時期の北海道にいらした方は耳をすましてみてください♪
 
香水の舎 菅井章子
 
2018.05.30 | リンク用URL